心臓リハビリでの退院時指導~自主トレ、生活で気をつけること

学生時代のフォルダを開いてみると実習のときのデータがたくさんでてきました。心臓リハビリテーションを実習で経験した際のデータが見返すと参考になるものが意外とあったので、その中のひとつである自作の退院時指導を公開します。心臓リハビリテーションに実習で関わる学生さんには参考になるかなと。

心臓リハビリでの自主トレ・運動について

退院してから行っていただきたい運動

●太ももの裏側を伸ばすストレッチ

→左右ともに20回ずつ×2セット

●アキレス腱伸ばし

→左右ともに20秒ずつ×2セット

スクワット(膝の屈伸運動)→20回

●踵挙げ(つま先立ちの運動)→20回

 

心臓リハビリの自主トレの運動の量

運動の強さ

・「ややきつい」と感じる程度

・軽く息がはずむ程度

・軽く汗ばむ程度

 

運動時間

30~60分(15~30分×2回に分割していただいてもいいです)

頻度

週に3~7回

 

運動における注意点

・食直後や起床直後の運動は避け、1時間以上空けてからにしてください。

・夏は脱水に注意し水分補給を。冬は防寒に心がけてください。

・前日の疲れが残っていたり、体調不良なら無理せず休んでください

退院後の生活について

やってはいけないこと

心臓の手術の際に、胸骨を開いて手術を行いました。骨はまだ完全に癒合していないため、胸が開くような動きは控えていただきます。

・体を捻る  

・重たい物(5kg以上)を持つ

・胸を張るような動き

・ぶら下がる   

・手を横に広げるような動き

以上の5点は胸が開いてしまうような動きになるので控えてください。

 

階段の昇り降り

階段の昇り降りは、心臓にかかる負担が大きいです。そのため、一気に昇らず、二足一段を心がけて手すりを使って、ゆっくり昇降してください。

健康管理

○血圧測定

・1日に2回(朝・夜)測定してください。朝食前と就寝前に測るのが望ましいです。

・体調がすぐれないことがあればその都度測定してください。

・測る時の姿勢は座った状態で測ってください。

・測った血圧は血圧手帳などに記録しておいてください。

○体重

・毎日体重を測ってください。

・1日に1kg以上体重が増加していたり、週に2kg以上体重が増加している場合は心不全の可能性があるため、受診をおすすめします。

 

○入浴

・30分以上の長風呂は長距離走と同じくらい心臓に負担をかけてしまうので湯船につかる時間は5分程度にしましょう。

・入浴時間も15分程度にしてください。

・お湯の温度は38℃~40℃にしましょう。40℃以上になると血圧が上がりやすくなります。