理学療法士が転職を考えるタイミング・時期は?ボーナスはもらってからがいい?

理学療法士が転職をするタイミング

転職するときにはどのタイミングで転職するかを見極めたいものです。よく転職を考えるタイミングとして多いものは、結婚や子育てなどのライフステージの変化があった際に、土日休みの職場を選ぶ、残業が少ない職場を選ぶ、給料が高い職場を選ぶなど、その人の人生設計にあわせて、転職を考えるといったものです。

年齢的に転職を考えると、40歳を超えると、なかなか採用してくれない職場が多くなるので、その前に転職を考えておくべきでしょう。

給与面ではなく、自分のやりたい分野で働きたいという希望があって転職をするのであれば、なるべく20代で転職しておいたほうが良いでしょう。結婚して子供が生まれたら給与面や休日を優先して考えなければいけなくなるかもしれませんので、、

 

給与面やキャリアアップを目的にした転職であるのなら、年齢は関係ないので何歳でも転職を考えてもいいと思います。

しかし、先ほども述べましたが、40歳を過ぎていたり、経験年数が浅いと即戦力としてみられないかもしれないので、資格取得してすぐは採用される可能性は低いかもしれません。

ボーナス支給などの時期で考える転職のタイミング

1年のうちどのタイミングで転職をするかとういうのもとても重要になります。求人が増える時期、ボーナスをもらってから、などです。収入面にも関わってくることになります。

よくボーナスをもらってからやめるのって後ろめたいとか、反感を買うんじゃないかと思われる人もいるかもしれません。ですが、ボーナスはいままでの頑張りに対して支払われるものなので、もらう権利はありますし、なにも後ろめたくありません。たぶん周りの人も納得するタイミングだと思います。転職してすぐの給与は残業もまだないですし、一時的に下がってしまうことが予想されます。収入のことも考えるとボーナスをもらってからやめたほうがいいでしょう。

 

ボーナスはだいたいの職場で6月と12月だと思われるので、6月のボーナス後の転職であれば中途採用、12月のボーナス後は新年度の4月からの採用になります。

求人が多くなってくるのは11月ごろの次年度の採用を決めるものになります。6月のボーナス後の中途採用となると求人数は少なく、選べないかもしれません。

ただし、ボーナスのことだけで転職の時期を考えるのは、遅くなってしまうこともあるので、良い条件の求人がでたらすぐに転職活動をしるのがいいと思います。

 

退職はいつ切り出すのがベストか

労働基準法では、退職の意思表示をしてから2週間後に退職できると決められています。2週間前に言えばいいじゃんとなるかもしれませんが、職場からするとかなり迷惑がかかります。引継ぎも満足にできないだろうし、チーム編成やシフト調整などに問題がでてくるでしょうから、職場からの反感はすごいことになるでしょう。

シフト調整はだいたい1ヶ月~2ヶ月前までに希望をとって調整するだろうし、引継ぎのことや、退職後のチーム編成、リハビリ科の構成を練ることを考えると2~3ヶ月前には退職の意向を伝えておきましょう。

できるだけ早めに伝えておくとそれだけ職場側も新規入職者を何人とるのかとか準備ができるので、3ヶ月前よりも早いにこしたことはないです。