理学療法士の年収・給料はどのくらい?実際の内訳も紹介します

coin

理学療法士の給料

医療関係だから給料は高いのではないかと思われてしまうことが多いですが、実際にはどうでしょう。

厚生労働省が「賃金構造基本統計調査」を公開していますが、これによると、理学療法士の月の平均の給与は手当も含めて28万円ほどです。手取りとなるとここからさらに引かれるので、おおよそ23万円ほどになります。年収ではボーナスを含めても400万程になります。

理学療法士のボーナス

理学療法士のボーナスは給与と同様に厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」で公開されています。年間のボーナスの額は64万円程になります。ボーナスは基本給の何ヶ月分かになるので、手当は関係ありません。そのため、基本給が低くて手当が多いところでは、ボーナスは低くなってしまいます。一般企業であれば、景気や売り上げによってボーナスは増減しますが、医療分野では景気に左右されないため、大きな変動はありません。

理学療法士の年齢別の給料の違い

理学療法士の給料に関わってくる因子としては、実務経験の年数が関わってくることが多いでしょう。年齢だけであがるわけではないため、一般企業に勤めていて、それから理学療法士になったという方であれば、年齢のわりに経験年数は浅いわけなので、同世代のなかでは給料は低くなることが多いようです。

理学療法士という職業は歴史が浅く、一番上の年齢で40代であることがほとんどだと思います。

そんな若い職場のため、30を過ぎれば主任や科長などの役職につくことが考えられ、役職手当がプラスされ、30代では給与が増えるケースが多いです。

男女での給料の差

男性:413万

女性:386万

で男性の方が高くなっています。

養成校ではほぼ半々の男女差で、職場でも若干男性が多い程度で人数にあまり差はないでしょう。

ではなぜ、女性のほうが低くなるのでしょうか。

女性は妊娠や出産、育児で一度休職し職業から離れることが多いという理由と、復職してもパート勤務になるケースが多く、勤務時間も短いということが女性が給料が低いという調査結果の理由でしょう。

現役理学療法士である私の実際の給与内訳

実際に4年目のわたしがどのくらい給料をもらっているのかを紹介します。

残業代によってかわりますし、日曜日手当があるので月に1万円くらい変動することもあります。

基本給:189000円

資格手当:2万円

住宅手当:5000円

残業代:月に平均して1万円

日曜日手当:月に平均して3000円

合計:だいたい月に23~24万円

 

実家から職場が近いので交通費はもらっていないのでこのくらいになります。

そしてここから税金や年金が引かれて手取りは18万円くらいになります。

これに年にボーナスでプラス70万くらいになるので、年収は300万ちょっとといったくらいです

おわりに

まぁまぁこのくらいがいまの理学療法士の給料の現状ではないでしょうか。

低いととらえるか普通ととらえるかは人それぞれですが、今後昇給が期待できないことを考えると不安になる額かもしれませんね。

なんとかして増やす方法を考えていきましょう。




新着エントリー